脱毛サロンでされる勧誘ってどんな内容?

脱毛サロン 勧誘

 

脱毛サロンに行ってムダ毛の処理をしたいけれど、勧誘がすごいという話を聞いて行けずにいる人は意外と多いです。脱毛サロンでの勧誘はそんなに強引なのでしょうか。

 

消費者庁からサロンに対して、勧誘をしないようにという勧告が出たことから、強引な方法が世間に知られるようになりました。今までの脱毛サロンは、ワキ脱毛など初めて施術を受ける人が希望する部位を格安の料金で宣伝し、呼び込むという手法を取ってきました。

 

数千円でワキの施術が何度でも受けられるといったような宣伝で、数百円という驚きの価格で宣伝するサロンもあります。ワキのムダ毛を処理することは、マナーとして定着しているために、この広告をみて安いなら施術を受けてもいいかなと思う女性は多くいました。

 

そこで、サロンに予約を取り、来店すると、カウンセリングルームという名前の狭い個室に連れて行かれ、ワキ以外の高額な部位の脱毛も申し込まないと帰れないというような問題が続発しました。あまりに強引な方法であり、消費者からの問い合わせが多くなったため、今ではそこまで強引な方法は使われなくなりました。

 

 

勧誘は全くないわけではないが安心して

しかし、勧誘がまったくなくなったというわけではありません。多くのサロンでは、勧誘はしないという安心宣言を出してお客さんが安心して来店できるように約束しています。それでも、スタッフには新規契約のノルマなどが課されることも多く、実際にはコースの紹介という名目での勧誘は続いています。

 

例えば、ワキ脱毛を希望してきたお客さんに対して、ワキだけでなく腕や脚などをセットにした方が安くできるなどという紹介の仕方です。中には、ワキの施術だけを希望して行ったのに、全身脱毛を契約することになった人もいるほどです。あくまでお得なコースの紹介という形ですが、押し付けられる形での話に苦手意識のある人や、弱い人には精神的に圧迫されるような気持ちを持ってしまうかもしれません。

 

ワキ脱毛でも、6回の施術コースを申し込もうとすると、より高額な回数無制限のコースを勧めてくるなどの内容もあります。話を聞いて、自分が納得できて申し込むのならいいですが、納得できないまま契約させられてしまうと強引な勧誘と言われても仕方ありません。

 

サロンに行く前には、自分がどこの部位を施術したいのかをあらかじめ決めておき、他のコースを勧められてきたらきっぱりと断る気持ちで行くと安心です。どこのサロンの施術の前にはカウンセリングがあるので、話を聞かないで施術を受けるということはできません。