フラッシュ脱毛の安全性は大丈夫?副作用は無いの?

フラッシュ脱毛 副作用

 

ムダ毛の脱毛を望む人の中には手軽で比較的安価な施術を希望する人が多いものです。その上でもエステサロンやクリニックにおけるフラッシュ脱毛は極めて有効な選択肢と言えるでしょう。

 

フラッシュ脱毛とは、専用機器から照射されたフラッシュが皮膚を透過して毛穴の奥深くにあるムダ毛のメラニン色素に向けて熱エネルギーを集中させる手法のこと。その結果、瞬間的に温度が高まることで毛根組織にダメージを与えることが可能となるのです。

 

こうしてムダ毛の成長力や発毛力を奪い去ることで、施術後から一週間から二週間ほどするとおのずとムダ毛が抜け落ちていき、ムダ毛の払拭された綺麗な肌を獲得することができます。

 

同じようなメカニズムで脱毛を行う施術方法にレーザー脱毛がありますが、フラッシュ脱毛の場合はレーザーに比べて一度に広範囲へ照射が行えますので、その分、効率よくダメージを与えていくことが可能です。

 

 

フラッシュ脱毛の副作用が怖い人へ

ただし、フラッシュ脱毛に興味を持っている人の中には安全性の問題や副作用に関して懐疑的な見方をしている人も多いものです。例えば、これらの施術において使用するフラッシュはそれぞれの肌コンディションによってどんな反応が出るのか未知数の部分もあります。

 

肌が弱くて刺激を受けるとすぐに赤くなってしまったり、アレルギー反応によってかゆくなったりといった副作用を発症してしまうケースも多いでしょう。

 

また事前にきちんと自覚できていない人でも施術中や施術後に思いがけない副作用が生じて困ってしまうこともあるかもしれません。

 

その上でも、エステやクリニックでは安全性に配慮して、まず初めに脱毛士や医師がそれぞれの毛質や肌コンディションなどをしっかりと確認した上で施術を受けられるかどうかの判断を行うことになっています。

 

またフラッシュの照射テストを行って肌に異常が生じないのを確認して本格的な施術をスタートさせる場合も多くなっています。

 

また、フラッシュ脱毛においてもう一つ注意したいのがメラニンへの反応です。肌に黒ずみやアザ、ほくろ、日焼け後などがあるとそれらのメラニンにフラッシュが反応して熱を集中させ、火傷などの副作用を引き起こすリスクが生まれます。

 

そう言った安全性の問題に対処する上でも、各々の肌状態がフラッシュ脱毛に適しているかを事前に入念にチェックすることになるのです。

 

こうして安全性に問題がないと判断された上でフラッシュ脱毛は実施されます。そのため多くのエステやクリニックでは極めて安心して活用することができるはずです。