生理の時は脱毛はできない?

脱毛 生理中

 

エステサロンやクリニックなどで脱毛を行ったことがある人は、生理中は施術できないと説明された経験があるでしょう。一般的なサロンではこのような時期には施術を避けるというのが常識となっていますが、どのような理由によるものなのでしょうか。

 

 

生理の時のホルモンバランスの影響

まず大きな理由としては、生理の時はホルモンバランスの関係で肌が敏感になっていることが挙げられます。こうなると、普段より脱毛の痛みを感じやすくなったり、炎症などの肌トラブルを起こしやすいので注意が必要となるのです。

 

免疫力も下がっており、感染症などにかかるリスクも上がるため、この時期の施術は避けるサロンが多くなっているのです。

 

もし無理に施術を受けたとしても、この時期はホルモンバランスが乱れているため、それが毛のサイクルや成長などに影響を与えて効果が得られにくくなる可能性もあります。

 

例え効果が出なかったとしても1回分の施術料金はしっかり支払う必要があるので、無理に受けてもお金の無駄となってしまいます。

 

 

生理になってしまった場合は脱毛の予約日の変更を

もし脱毛の予約をしていた当日に生理になってしまった場合は、できれば予約日の変更を行ったほうが良いでしょう。このような場合の対処についてはエステサロンによって異なりますが、多くのサロンで振り替えが可能です。

 

人気のサロンなどの場合は予約が立て込んでいることも多く、そう簡単に予約の変更が行えないこともあります。このような場合は、毛周期の関係もあるので無理に予約を変えず、効果が薄くなる可能性を覚悟の上で施術を受けることも選択肢の一つです。

 

また、これから施術を受けようとサロン選びを行っている段階であれば、始めから生理中でも施術してくれるサロンを選ぶようにすると良いでしょう。デリケートゾーン以外であれば施術可能としているサロンも数多くあるので、不明な場合は問い合わせてみるようにしましょう。

 

このように、生理中の脱毛は安全上や効果の面からできるだけ避けるというのが最善だと言えます。

 

特にもともと敏感肌や乾燥肌など肌の弱い体質の人の場合、トラブルがさらに起きやすくなってしまうリスクもあります。生理周期が安定している人であれば、だいたいの予定日がわかるので、始めからその近辺に予約を入れないように配慮することも大切です。

 

もし予想外に生理が来てしまった場合などは、自己判断で黙って施術を受けたりせず、不要なトラブルを避けるためにも必ず一度はエステサロンに相談するようにしましょう。